メニュー

レーザー誘導式機械加工(LGM)または自動水準調整

Metalockエンジニアリンググループは、オンサイト機械加工装置の開発と改善を続けており、従来の機械加工手法にレーザー誘導式機械加工などの新しいテクノロジを統合しています。

これらの機械加工技術は、多くの業種のさまざまな現場での機械加工プロジェクトに合わせて調整して現場で使用することができます。例えば、FPSO係船浮標システムや、クレーンスルーリング台座、水力タービンシーリング面に適用できます。

自動水準調整式レーザー誘導式機械加工

当社は、多くのオンサイト機械加工プロジェクトでCNC機械加工技術と最新のレーザートラッカー検査装置を組み合わせて使用しています。レーザートラッカーを使用すると、大型コンポーネントの正確な検査、測定、記録および機械加工が可能になります。

Metalock Engineering photo

高精度レーザー誘導式機械加工アプリケーションの提供

当社は、高精度のレーザー誘導式機械加工アプリケーションを、海洋、オフショア、発電、鉄鋼および鉱業部門などの大規模かつ複雑な製造物や構造物での作業にも提供できるよう、コンセプトを改良しています。

現位置および現場での最新のエンジニアリング技術の活用

世界中の現場で高精度の機械加工技術を提供する当社のグローバルなサービスには定評があります。また。当社の経験は他の追随を許しません。当社のレーザー誘導式機械加工技術は、世界市場で多くの成功を収めています。LGM(レーザー誘導式機械加工システム)は、Metalockエンジニアリンググループが開発する大規模なオンサイト機械加工プロジェクトの最前線です。当社では、これらの最新のオンサイト技術を活用することで、非常に大型の製造物を迅速かつ高精度に機械加工できるようになりました。

大型製造物の修理へのレーザー誘導式機械加工(LGM)の活用により、どれほどコストを削減でき、効率性を高められるかについては、今すぐ当社にお問い合わせください。

モジュール型装置

広範囲

最新技術であるLGMとは、レーザー誘導で自動的に水準を調整する機械加工技術であり、非常に大型の構造物においても工作機械の動作を正確に制御して水平かつ平坦に維持し、工場と同じ精度で機械加工を行うことが可能になります。現在、このマシンで加工できるのは直径30メートルまでですが、必要に応じて拡張し、それ以上の直径を加工することもできます。

輸送が簡単

この装置はモジュール構造のため、分解して1個のコンテナに梱包して安全かつ容易に輸送できます。レーザー誘導式マシンが現場に到着したら、非常に短時間で組み立てることができ、最短時間で機械加工を開始できます。

Metalock Engineering photo

持ち運び可能、高精度、高速

Metalock Engineering photo

レーザー誘導式機械加工の利点

  • 高精度かつ高効率の現場での機械加工
  • 最新のオンサイト機械加工装置および技術の使用
  • 機械加工後のプラントおよび機器の寿命延長
  • 時間とコストを節約
  • グローバルな対応
  • 最新の機械加工開発での長年の経験

大型製造物の修理へのレーザー誘導式機械加工(LGM)の活用により、どれほどコストを削減でき、効率性を高められるかについては、今すぐ当社にお問い合わせください。