メニュー

現場での金属溶射

Metalockエンジニアリングは、金属コンポーネントへの溶射および表面処理サービスを提供する専門的リーダー企業です。

当社では、お客様の新製品への飽くなき欲求に対応する取り組みの1つとして、新しい表面コーティング処理を継続的に開発しています。これにより、エンジニアは、幅広い機械エンジニアリング装置を修理し保護するための新たな方法を得ることができます。また、コストのかかるパーツ交換に代わる費用効果の高い修理を行って機械の寿命を延ばし、製造コストを削減することが可能になります。

金属コンポーネントへの表面処理

溶射コーティングは、材料(粉末または線状)を溶融状態になるまで加熱して、ガスまたはエアの運動エネルギーにより溶滴を基材に衝突させて皮膜を形成する表面被覆プロセスです。このプロセスを複数回反復して、仕様寸法が得られるまで被膜を積層させます。

高度な訓練を受けたスペシャリスト

溶射および表面処理の一般的な用途には以下が含まれます。

  • 修理および再調整
  • 防食コーティング
  • 遮熱処理
  • 浸食防止
  • 絶縁

お客様の要件に応じて、高度な訓練を受けた当社のスペシャリストが工場または現場で作業を行います。溶射では非常に多様な材料を使用できます。以下の材料も溶融状態にすることができれば、溶射に使用できます。

  • 鉄鋼 
  • 炭化タングステン
  • 炭化クロム
  • セラミックス
  • プラスチック複合材

溶射や表面処理により、お客様の時間と費用を節約し、お客様の評判を高める方法について説明いたします。

高品質な結果

当社で実施する溶射は、幅広い材料を使用してあらゆるタイプのコンポーネントで高水準の仕様を実現することができ、最高品質を保証します。溶射には単一の材料を使用する場合もありますが、多くの場合、以下の技法のいずれかにより、溶射でのみ実現可能な固有の物理特性をもつ合金または複合材が使用されます。

  • 高速酸素燃料(HVOF)溶射
  • フレーム溶射
  • アーク溶射
  • プラズマ溶射

溶射の動画

video

Metalock Engineering photo

鉄道軸の溶射

所在地:
Malmö, Sweden

使命:
鉄道軸、デンマーク

課題:
鉄道軸を元の状態に復元し、廃棄を削減すること。

ソリューション:
Metalockは、ギアボックスに軸を取り付けたままで溶射処理を行うソリューションを開発しました。

溶射により直径を増大させてから表面を機械加工し、許容誤差0.029mmになるまで研磨します。

結果:
998本の鉄道軸を復元し、廃棄せずに使用できるようにしました。オリジナルの鉄道軸より長期の耐久性が得られ、再加工を繰り返すことにより更に寿命を伸ばすことが可能になります。

測定された許容誤差は最大0.01~0.02mmで、必要な仕様に完全に適合しました。

表面処理/
溶射の利点

遠隔地の大規模な工場から船舶エンジンに至るまで、摩耗したコンポーネントを取り外して工場で修理したり交換したりすると多くのコストがかかります。当社の専門的な溶射技術を活用すると、お客様のコストを節約できるだけでなく、次のような利点があります。

  • 実証済みのソリューション指向の技法を利用するため、お客様の設備が配置されている場所を問いません。
  • グローバルな24時間年中無休サービス
  • お客様の評判の保護および向上
  • 工場と同品質の修理を現場で実現
  • 溶射のすべてを一社で提供できる信頼性
  • 長年にわたるエンジニアリング専門知識 – 最も困難な溶射プロジェクトは当社にお任せください。

溶射や表面処理により、お客様の時間と費用を節約し、お客様の評判を高める方法について説明いたします。