メニュー

船舶スクリューハブの修理およびキャビテーション損傷

経験豊富な海運会社事業者様であれば、スクリューおよびハブの損傷が船舶の性能に及ぼす影響をよくご存じでしょう。最悪の場合、シャフトやスクリューハブの摩耗のために船舶を運航できず、さらには予想外のスクリュー損失や緊急修理などによりコストが発生するという不都合な状態に陥ります。

幅広い船舶スクリュー修理作業

スクリューの全面的な修理はスクリューの製造元に任せる以外ありません。ただし、当社では摩耗した推進部品の定期的な復旧を行うことができます。インラインボーリングや溶射、オービタル機械加工、原位置での機械加工やその他の特殊技法を用いることにより、当社では次のような船舶スクリューハブの修理を行います。

  • キャビテーション損傷の修理
  • プロペラシャフトベアリング径の修理
  • 船尾管のラインボーリング
  • Aフレームでのインラインボーリング加工
  • 現場での摩耗したプロペラハブ穴の改修

当社では、ピッチスクリューが固定または可変のいずれの場合も、当社の他の海洋サービスやオフショアエンジニアリングサービスの補完サービスとして、船舶のスクリューハブ修理を行います。 当社は、長年にわたり世界中で24時間年中無休のサービスを提供し、海運業界のお客様から高い評価を受けてきました。

お客様がキャビテーション損傷の早期の兆候に気付いた場合、当社では摩耗した部分に前処理として機械加工を施し、金属溶射により摩耗部分を再建し、再び機械加工を施して元の寸法に復元します。

当社のスクリュー修理サービスの利点

お客様が運航している船舶のタイプにかかわらず、特に工場ではなく現場で作業を行いたい場合には、当社の海洋およびオフショア修理サービスをご利用いただくことで、次のような利点があります。

  • 実績のあるソリューション指向のアプローチ
  • 24時間年中無休のグローバルな修理サービス – 電話でお気軽にサポートをお申し付けください
  • コストおよび時間の節約(重要な要件)
  • プロペラハブ交換のコストが不要

当社のエンジニアがお客様の船舶へ出張

当社の熟練したエンジニアは、お客様が急に連絡された場合でも世界中どこへでも出張することが可能であり、できるだけ早期にお客様の船舶が運航できるように修理いたします。お客様は多くの場合、工場戻しの修理によるコストの発生や運航停止といった不都合を回避することができます。当社が、便利な現場での修理を専門としてサービスを提供しているのは、このためです。

  • 工場品質の修理が乾ドックで可能
  • さまざまな船舶修理サービスを一社で提供できる信頼性
  • お金では買えない安心感
Metalock Engineering photo

その他のサービス

当社は、スクリューハブの修理だけでなく、船会社や造船所、船舶修理会社向けにさまざまな船舶修理関連サービスを提供しています。これには、エンジンのラインボーリング加工やシリンダヘッドの溶接、メインベアリングの移植なども含まれます。

  • エンジンのメインベアリングの移植
  • メインベアリングおよりクランクピンの調査
  • 現場でのクランクピンジャーナルの直径機械加工
  • 現場でのメインベアリングの機械加工
  • 亀裂の入ったディーゼルエンジンのブロック、シリンダ、ベッドプレートおよびエンタブレチュアの修理
  • シリンダライナーの接地面の改修
  • 現場でのあらゆるエンジンのインラインボーリング
  • エンジンのアライメント
  • 船尾管およびAフレームのアライメント/ボーリング
  • 結合穴の再ボーリング
  • クレーン台座の機械加工
  • スラスタおよびスタビライザの位置決め穴の口径拡張
  • ラダーハウジング、ブレードおよびホーンのアライメントおよび穴の口径拡張

現場での修理に関する当社の経験を、お客様の時間と費用の節約に役立てることができます。