(ja)
Menu

メタロック、ロールの修理でJRDの拡張ニーズを支援

アンダーサイズのロールにスパイラル溶接を施し、その結果表面での直径は4mm大きくなりました。

JRD Mouldings

2本の鉄鋼ロールの直径を元の寸法に復元することで、 メタロックエンジニアリングはJRD Mouldingsの生産設備の拡張とベアリング産業向けシールの品揃えの充実を支援しました。新しいロール2本を購入するより、コスト効率良く実現したのです。

JRDはメタロックエンジニアリングに、ロールの直径を4mm大きくして、新しいロールを2本購入するコストを削減できないか、と相談しました。

JRDは、ベアリングシールの製造に使うゴムを加工するために、中古のゴムミルを購入し、生産能力を増強しました。しかし、薄いシートを機械で巻き取る必要があるとき、ロールが合わずに巻き取れないことが分かりました。ロールの表面をきれいにするために、ある時期からスキム加工が施されていました。

そこで、JRDはメタロックエンジニアリングに、ロールの直径を4mm大きくして、2本のロールを新たに購入するコストを削減できないか、と相談しました。メタロックは、スパイラル溶接で直径を拡大し、旋盤加工で希望する直径に完全に修復することで、この機械に新しい息吹を吹き込みました。

JRDのベアリングシールの原料は硬いので、ギロチンで短冊状にし、ブランキングする前に軟化させる必要があるのです。粉砕機のローラーで絞り出すと熱が発生し、可鍛性になるので加工しやすくなります。

お客様の緊急事態に24時間年中無休の対応が必要ですか?

Metalockエンジニアリンググループは、世界中で高品質な修理や保守を行い、機器の改修やアップグレードをカスタムメイドで提供するための専門知識を持った、実績のある機械設備修理会社です。

Offices located in:

Click to zoom in and view the office details

連絡を取る

当社が提供するサービスをご紹介します。世界規模のサービスにより24時間年中無休で緊急事態に対応します。お問い合わせ方法は以下から選択してください。

お問い合わせを送信 オフィスの所在地 簡易なご相談 採用情報