メニュー

現場および原位置でのクランクピン機械加工

修理対応時にエンジンの不具合が見つかる場合は、必ずエンジンのどこかが損傷しています。これらには、クランクシャフト損傷の原因となるベアリングの故障や、重大な損傷の原因となるコンロッドのクランクケースドア貫通など、さまざまな故障があります。これらを放置すると、常に同じ結果、つまりダウンタイムの発生と高コストの修理が発生します。

その場合、クランクシャフトの交換や、あるいはエンジン全体の交換が必要になるのでしょうか?… もちろんその心配はありません。

Metalockエンジニアリンググループでは、お客様がどこにいたとしても、大小さまざまなディーゼルエンジンのクランクシャフトメインベアリングおよびビッグエンドジャーナル径の修復に関する豊富な経験を駆使し、さまざまなオンサイト機械加工技術を提供します。

Metalock Engineering photo

当社は長年この種の業務に対応しています。

何か問題があれば、クリック1つ、または電話1本で現場に駆けつけます。当社は世界中にサービスセンターを設置しており、現場がどこにあったとしても緊急停止状態のお客様に対し24時間年中無休の対応を提供しています。

当社では、船舶推進システムや電力、および工業用発電分野での長年にわたる経験に基づき、高コストとなるクランクシャフト交換を行うことなく、クランクピンジャーナルの機械加工を現場で行うことで問題を解決することができます。

どのようにすれば、お客様の時間とコストを節約し、可能な限り速やかにプラントまたは船舶を再稼働させて収益につなげることができるのでしょうか?

クランクピンおよびメインベアリングジャーナルの修理

当社の専門的なクランクピンのオービタル機械加工およびメインベアリング機械加工用の各種アタッチメントは、ほぼすべてのエンジンに適合するように特別に設計されています。

当社が対応可能なサービスには、以下が含まれます。

  • 硬度試験および寸法測量を含むクランクシャフト検査
  • 磁粉探傷検査(MPI)、液体浸透探傷検査を含むNDT検査
  • クランクシャフトのゆがみ矯正
  • 硬度を落として再加工できるようにするためのクランクシャフト熱処理
  • 損傷したジャーナルフィレット半径の機械加工
  • ジャーナルの再研削およびメーカー仕様に合わせた超仕上げ
Metalock Engineering photo

Metalockの活動

P&O社では、豪華客船「MS Pride of Bruges」の2基のWärtsilä-Sulzer 9ZAL40エンジンのうちの1基のクランクピンを修理する必要があった際に、現場での高精度のクランクピン機械加工を採用することで、時間とコストを節約し、高コストとなる機械交換の手間を省くことができました。Metalockでは、この作業の成功により、最も困難な船舶および陸上での機械加工の完遂も可能なことを証明し、24時間いつでもグローバルに機械加工を行える体制を確立しました。

費用効果の高い現場での修理

このような故障によって生じる財政的問題を考慮すれば、当社が提供する現実的かつ積極的な代替ソリューションの利点は明らかです。修理が完了し、エンジンが再稼働した時点で、当社の費用効果の高い現場での修理の利点とそれによる節約効果を計算してみることができるでしょう。この方法を活用すれば、ダウンタイムを最小限に抑え、コストのかかる交換を回避することができます。

利点

Metalockエンジニアリンググループの現場でのクランクピン機械加工サービスでは、お客様のプラントや船舶が世界中のどこにあったとしても、標準的なすべての利点を提供いたします。

  • 実績のあるソリューション指向のアプローチ
  • 24時間年中無休のグローバルサービス – コストの高い工場修理を避け、お客様の時間とコストを節約するために、いつでもお電話ください。
  • 当社サポートによるお客様のプロとしての評判の保護および向上
  • 工場と同品質の現場での機械加工
  • 現場でのすべての機械加工をワンストップで提供
  • 70年近くに及ぶエンジニアリングの専門知識 – 当社なら、困難なプロジェクトをスケジュール通りかつ予算内で完了させる高品質なサービスを提供できます。

プレゼンテーション

どのようにすれば、お客様の時間とコストを節約し、可能な限り速やかにプラントまたは船舶を再稼働させて収益につなげることができるのでしょうか?