メニュー

現場での鋳物の修理

毎日、世界中のいずれかのお客様が、亀裂または破損した鋳鉄、鋼鉄、またはアルミニウム製のコンポーネントの修理に当社の専門的な冷修技術を利用しています。

これには理由があります。ビジネスに不可欠なプラントを可能な限り速やかに再稼働させる必要があり、それが可能なのは冷修技術のみである場合、実績のあるMetalockプロセスにご相談ください。

破損した金属コンポーネントの冷修サービス

当社独自の冷修プロセスは、1930年代初頭に適切なエンジニアリングの原則に基づいて開発されました。この技法を活用すると、溶接に伴う熱応力の問題を回避し、元のアライメントを維持することができるため、コストがかさむ修理後の再加工の必要性が減少します。

現場での鋳物の修理の利点

Metalockのお客様は、当社の実績のある冷修手法の利点を高く評価しています。これらの利点には以下が含まれます。

  • 当社は通常、現場で作業を実施するため、お客様の時間を節約できるだけでなく、解体の手間もかかりません。
  • アライメントおよびオリジナル面を維持します。
  • 圧縮応力の減衰および吸収
  • 引っ張りひずみの拡散
  • 疲労発生部位からの負荷の分散
  • 修理される金属に関連する膨張係数が低い
  • 修理は完全に常温で行われるため、新たな応力が発生しません。

ロイド船級協会の認証

Lloyds Register Certificate

Metalockエンジニアリングは、「Metalock」および「Masterlock」プロセスを使用したメタルステッチングによる指定コンポーネントの修理に関して、長年にわたりロイド船級協会の認証を受けています。

メタルステッチング

metalocking

メタルステッチングやメタロッキングは、溶接をせずに鋳造金属の亀裂を補修する方法です。

メタルステッチング修理プロセスの詳細を確認する

鋳鉄の修理は、当社の経験豊富なリームによって現場で実施されます。これにより、停止期間の短縮とコストの削減が可能になります。

利点

亀裂が生じたギアボックスの修理からプレスフレームの破砕や亀裂が生じた橋の欄干および構造の修理まで、損傷した鋳物の修理には手間とコストがかかり、多くの時間もかかります。このような時こそ、当社の鋳物冷修が真価を発揮します。

  • 世界中で迅速な24時間年中無休の対応
  • 実績のあるソリューション指向のアプローチ
  • 現場または当社工場にて実施可能
  • 工場と同品質の修理を現場で実現
  • 鋳物修理を一社で提供
  • この分野で70年以上の歴史を有する当社のエンジニアリングの専門知識にお任せください。

現場でのディーゼルエンジンの修理

Metalockでは、ディーゼルエンジンの修理を海上や海岸、または乾ドックといった現場で実施するため、時間を節約できます。どこでも、いつでも対応可能です。

詳細を確認する

鋳物修理プロセス

Metalockプロセスは、適切なエンジニアリングの原則に基づき、70年以上にわたり広く受け入れられています。

  1. 裂け目に沿ってドリルで穴をあけ、スタッドを打ち込んで穴を埋めます。
  2. 裂け目に対して直角にドリルで穴をあけます。
  3. Metalockキーの形に合わせてドリルで穴をあけます。
  4. キー層を金属対金属の状態にピーニングします。
Metalock Engineering photo
Metalock Engineering photo

Metalockの鋳物補修ダイアグラム

  1. 穴開け用治具を使用して、亀裂の方向に垂直に止まり穴をあけ、各列がキーとして機能するようにします。
  2. 中間の区画を空圧チゼルを使って取り外します。
  3. Metalockキーを開口部に打ち込み、かしめます。
  4. 各キーの間の亀裂に沿って、Metalockスクリュ用の穴をあけます。
  5. スクリュを互いに重なり合うように取り付け、裂け目に沿って密着させます。
  6. 最終的に、十分な安定性と耐圧性が得られるように装置全体をコーキングします。

当社の鋳物修理技術によりお客様の時間と費用を節約し、お客様の評判を保護する方法について説明いたします。