メニュー

製紙産業での修理

従来、製紙産業での修理は、時間のかかる解体、修理、再組み立てのプロセスが必要でした。現在では、この産業分野で何十年にもわたって獲得された当社の技術と専門知識により開発された高品質な原位置修理ソリューションを、時間とコストの削減が必要な場合の費用効果および信頼性が高い代替ソリューションとして利用できるため、プラントを可能な限り速やかに再稼働させることができます。

製紙産業でのプロセス

当社が提供できるソリューションは次の通りです。

ヤンキードライヤおよびその他のシリンダの溶射

process diagram

  1. 損傷端部への溶射
  2. 穴および損傷したロールケーシングの穴埋めを含む部分的な修理
  3. 現場でのベルト研削およびプレーンまたはクラウンロールおよび乾燥シリンダの超仕上げ
  4. 現場でのプレーンまたはクラウンロールおよび乾燥シリンダの溶射とその後の再研削(使用寿命が延び、腐食耐性が向上)
  5. 亀裂が生じたシリンダのMetalockステッチング冷修
  6. キー溝およびベアリングサポート台座などのフライス加工
  7. ベアリングジャーナルの修復
  8. 蒸気漏れのシーリング
  9. 出入り口ドアのシーリング面の機械加工

当社の経験を活用すれば、製紙産業でどれほどお客様の時間とコストを節約できるかご確認ください。