メニュー

発電所および水力発電機の修理

グローバルな発電インフラの戦略的重要性は非常に高く、たとえ小規模な停電であってもその影響は計り知れません。Metalockエンジニアリンググループは、長年にわたり電力会社やOEM各社が継続的に操業を行えるよう支援してきました。

Metalock Engineering photo

発電所の継続的な操業を効率的に支援

損傷したタービンベアリングジャーナル径の復元や、損傷または摩耗したブレード位置スロットまたは損傷したスラストカラーの再加工といった困難な問題に直面していませんか? あるいは、タービンの改修やアップグレードにより、操業効率を改善する必要はありませんか?

お客様がどのような専門的エンジニアリングサービスを必要としている場合でも、当社が提供する技術サービスを活用すれば、プラントを取り外して修理工場に輸送することなく問題を解決できるため、お客様の時間とコストを節約することができます。

費用効果に優れた形で修理作業を行ったり、戦略的な重要性の高い発電インフラを改修したりするうえでは、当社の便利なワンストップサービスや 24時間年中無休の対応、さらには各分野における圧倒的な専門知識が鍵となります。

当社では、既存の技術を使用するだけでなく、常に特注のマシンやプロセスを開発して特殊な課題に対応しています。これこそ、当社が70年近くにわたって成長と発展を続けてきた原動力であり、お客様はいつでもその技術を活用できます。

当社の経験を活用すれば、電力産業でどれほどお客様の時間とコストを節約できるかご確認ください。

回転系プラントの修理および保守 - 蒸気タービンおよび水力タービン

Metalockは、発電に使用される各種の回転系プラント装置の業務に携わっています。

蒸気タービン水力タービン風力タービン、コンプレッサ、フィードポンプ、船舶タービン工業用タービン、さらには、バイオマス、コジェネレーション、廃棄物発電、埋立地ガスなどの再生可能な廃棄物資源から得られる再生可能エネルギーなど、当社ではあらゆる対象を取り扱っています。

  • タービンケーシングのラインボーリング加工
  • 蒸気吸気口および排気口フランジの機械加工
  • タービンのスプリットジョイント面
  • ケーシングスタッドの除去
  • 現場でのチップ研削(回転式および固定式ブレード)
  • HPおよびLPバルブの機械加工
  • カップリング穴の機械加工
  • タービンローターベアリングジャーナルの機械加工

水力タービンの修理動画

水力機械加工

  • カップリング穴の機械加工
  • ランナーの削正
  • ガイドベイン(案内羽根)ポットの口径拡張
  • チェックプレートの機械加工
  • カバー位置面の機械加工
  • レーザートラッカーを使用したタービンアライメント検査
  • シャフトベアリングの機械加工

所在地:
アスキム、ノルウェー

使命:
ソルバーグフォス水力発電所、ノルウェー

課題:
タービンが約2mm傾いています。漏れが発生し、稼動効率が75%まで低下しています。

ソリューション:
原位置でのスプリットリングの機械加工により、誤差を許容値の0.0~0.1mmに修正します。

Metalockが設計した4トンのボーリング/フェーシングマシンをタービンチャンバに降ろして、水面下17メートルで作業しました。

このマシンは、レーザー制御により0.02mmの精度でセットアップされました。

結果:
この作業には21日間を要しました。タービンはさらに50年以上使用できるようになり、稼動効率は90%まで向上しました。

水力発電タービンの修理

世界中の電力産業向けのサービス

費用効果に優れた形で修理作業を行ったり、戦略的な重要性の高い発電インフラを改修したりするうえでは、当社の便利なワンストップサービスや24時間年中無休の対応、さらには各分野における圧倒的な専門知識が鍵となります。